WIXの表示速度を公式ページで検証してみた

サイト評価

こんにちは。ホームページビルダー大好きなTomyです。

今回は、私が昔(2年前くらい)使用していた世界的に有名なホームページビルダーのWIXが、WIX Turboなるものを開発してらしいので、どれ程効果があるのか調べてみました。これからホームページを自作しようかと考えている方の参考になれば幸いです。

1、速度が上昇しているなら、WIX公式HPの表示速度が速くなきゃおかしい

はい。タイトルの通りです。WIXで表示速度が上昇したことを公言している以上、公式HPの速度が遅いはずがありませんね。ということで、実際にいくつか PageSpeed Insights を使用して調べてみました。

結果は…

https://www.wix.com/app-market/main

WIX site speed

あんまり速くない…😢

https://ja.wix.com/

WIX site speed2

むしろ遅いですね…

ちなみに、公式のトップページはPC版でさえ40に満たない数字でした。公式でWIXTurboのデモページとか探したんですが、そういったものも無いようなので、実際に速度が上がっているのかは疑問です。

2、今回WIXページの表示速度が上がったのは35%

この35%という数字が肝ですね。よく考えてみてください。今まで表示に10秒かかっていたサイトでは、表示速度が7秒弱になるだけなので、遅いという事実はあまり変わりませんね。

つまり、今回は劇的に速度が上がったということではなく、ある程度改善されたという認識でいいと思います。

TURBOとかめっちゃ速そうな単語使ってるから、急速に発展したんだと思いましたが、まあそんなにうまくはいかないですよね。今後に期待です。

3、WIXは前ページを一度に読み込むため、表示速度が遅い

これは以前からの問題点としては有名なお話なのですが、WIXでは全てのHPを同時に読み込んでしまいます。これにより、ページ数が増えれば増えるほど、表示速度が低下するという悪循環に陥るわけです。

とはいえ、WIXが完全にダメということではありません。

5ページくらいのサイトで無料でホームページ制作がしたいとか、お試しで使用する分には非常に優秀なサイトです。他のHPビルダーとは完全に住み分けができているという意味でも、活用するメリットは大きいです。

4、WIXはセキュリティが強い

意外とHP制作で忘れがちなのが、セキュリティ対策です。

WIXは独自のサーバーでクローズドシステムなので、セキュリティ対策は非常に高いです。顧客情報を保管する場合などに重宝します。

しかし、5ページ程度のHPで重要な情報を扱うこと自体稀なので、なんとも勿体ない感は否めません。

サーバが共有化されているのが、重い原因にもなっているので、やはり全ての問題をクリアするのは世界規模の開発会社でさえ難しいのが現状なのでしょう。

5、SEO対策でWIXが劣るということはない

私は2年前に、単独キーワード「遺品整理」で1位を獲得したことがあります。北海道で地域SEOを行っていたのですが、何故か単独でも順位が上がっていきました。

大阪などから北海道に帰省される方などからお問い合わせいただくなど、当時の集客としてはうまくいった方だと思います。

なので、WIXがSEO対策に向いてないというのは間違いで、コンテンツSEOさえ継続して3か月間行えばしっかりとした成果が上がると思います。

6、WIXのようなページビルダーってないの?

私はHPビルダーのElementorを使用しています。WordPressのプラグインなのですが、無料で簡単にホームページを作成できるという点では、WIXと同等かそれ以上に優秀だと思っています。

Elementorに関する記事はこちら

使用方法がWIXよりは難しいですが、覚えてしまえばそれこそ1時間でHPを1個作れるくらいの性能があるので、私はずっと使用しています。

まとめ

いかがでしょうか?

WIXが速度上昇というのは本当なのでしょうが、思ったより遅いようですね。

とはいえ、使い道は大いにあるツールであることには変わりないので、どのような場面で使用するかだと思います。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

無料メルマガ登録

ブログ更新の際に通知が届きます

最近の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA